1. HOME
  2. ゴルフグッズ
  3. 雨に負けない!雨の日のラウンドを快適にする為におすすめの方法
ゴルフグッズ

雨に負けない!雨の日のラウンドを快適にする為におすすめの方法

ゴルフって屋外のスポーツだから雨だったらプレーできないですよね?
そう思う方も多いと思います。
しかしながら、雨の度にゴルフをキャンセルしていては、なかなかゴルフができません。
ゴルフ場も基本的には雨でも営業しております。逆に雨で当日キャンセルをするとキャンセル料が発生するケースもあります。
という事は雨でもゴルフはできるという事です。
この記事では雨の日ゴルフを快適にプレーするために必須のアイテムやあると便利なおすすめのアイテムをご紹介いたします。なお、この記事では個別の商品の紹介ではなくあくまでも、雨の日のゴルフにあると便利なアイテムをご紹介しております。

雨の日ラウンドを快適にする為のグッズ

それでは早速雨の日ラウンドを快適にするためにおすすめのグッズはご紹介していきたいと思います。

レインウェア

まずは絶対にあった方が便利なものはレインウェアです。ほとんどのゴルフ場の場合カートに傘は常備されており、傘をさしてラウンドすることができますが、スイング中やパッティング中では傘をさせません。また風がある日などでは、スイング中に一時置いた傘が飛ばされて集中できないという事もあります。雨の日のゴルフでは傘だけではなくレインウェアを着ることで快適にラウンドができます。

レインウェアを選ぶ際に気をつけること

撥水加工ではなく、防水加工のものが良い

撥水はあくまで水を弾くということで、雨に濡れている時間が長くなるとしみてきてしまいます。
ゴルフのレインウェアを選ぶなら防水加工がおすすめです。

耐水圧と透湿度は高いものが良い効果が高い

レインウェアを選ぶ際に、耐水圧と透湿度という数字が表記されております。
耐水圧とは簡単にいうと雨の侵入をどれぐらい防げるかという数値です。この数値が高い程より防水性が高いといえます。
透湿度はレインウェアの中の湿気をどの程度外へ透過できるという数値になります。この数値が高いほどレインウェアの中が蒸れにくいということになります。

ゴルフ用レインウェアで快適な数値の目安

それでは耐水圧と透湿性はどの程度が良いのか、参考におすすめの数値をご紹介いたします。
耐水圧:10,000mm以上
透湿度:5000g以上

上下ともあった方が良い

レインウェアは上下セットが多いですが、上だけではズボンが結構濡れます。
特に芝が水を含みますので、想像以上に不快感がありますので、
必ず上下ともにあった方が快適にラウンドできます。

レインキャップ

レインウェアを持っている方は割と多いですが、レインキャップを持っている方は少数かもしれません。普通の帽子では濡れてしまいます。レインキャップはレインウェアと同じような素材でできているキャップやハットで、かなり防水性が高く、とても便利です。レインキャップを被っていたらほとんど髪の毛が濡れる事はありません。レインウェア、レインキャップが揃っていれば、傘をささなくても、そこまで濡れる事はありません。

雨の日用のゴルフシューズ

シューズは商品によっては防水機能がしっかりとしている物も多いです。
布の様な記事やメッシュなどの素材は濡れやすいので、避けるのが良いです。
雨の日のゴルフはゴルフシューズが結構汚れます。新品のゴルフシューズが雨で汚れるのはなんか寂しいですよね。そこで、おすすめなのは、新しいゴルフシューズは買ったら古いシューズは雨の日用に残しておいて、雨の時は古いのを履くというのが良いと思います。

グローブは複数持っていると快適

天然の革素材の商品は雨には弱いので避ける様にしましょう。
雨用のグローブもありますが、結局濡れてきてしまうと不快ですし、滑ります。
グローブもシューズと同じように古いものも複数残しておいて、ラウンド中に途中で交換をするのが良いと思います。またプレー中に余裕があるのであれば、ショットが終わったらグローブを外して、ポケットに入れておくと良いでしょう。

フェイスタオル

ラウンド中にレインウェアやレインキャップを被っていても顔や手などはどうしても濡れてしまいます。濡れた顔や手をふける様な適度な大きさのフェイスタオルがあると、便利です。

着替え

あまりにも濡れてしまった場合のために、トップスと靴下は着替えを持っていくとより安心です。
レインウェアとレインキャップを着用してラウンドすれば、中の服はそこまで濡れる事はありませんが、もしもの時のためにハーフ終了後に着替えても良いかもしれません。
ちなみに、靴下が濡れてしまった場合はシューズも濡れてしまっているので、新しいものに変えてもすぐに濡れてきてしまうので、あまり変えても意味がない場合もあります。流石にシューズも二足持っていく方は少ないと思います。

ゴルフ場の乾燥室を活用しよう

雨の日になるとゴルフ場では乾燥室というものを稼働させています。
温風が送られており、濡れたものを乾かすことができます。
ハーフ終了後に昼食を取っている間にレインウェア、レインキャップ、グローブなどは乾燥室で乾かしましょう。(後半スタートまでに完全に乾くことはないと思った方が良い)
また、プレー終了後にお風呂に入る場合などは、乾燥室に濡れたものを乾かしておくと、家に帰った時に楽になります。乾かしたまま忘れて帰らないように注意をしましょう。

雨の日のラウンド後のゴルフ用品のケア

雨の日にラウンドしたら、レインウェアやクラブなどのケアも忘れずにしましょう。

ゴルフクラブ

グリップやヘッドカバーなどが濡れている様であれば、キャディバッグから出して乾かしましょう
キャディバッグの中もカビ臭くなる事もありますし、
アイアンなども商品によっては錆が出てしまうことがあるので、濡れたまま放置はやめましょう。

レインウェアやレインキャップ

レインウェアやレインキャップは商品を購入した際に洗濯の方法などが記載されていると思いますので、洗濯もしくは乾かす様にしましょう。
また、防水スプレーなどでコーティングしてあげることにより、防水効果が長続きします。

ゴルフシューズ

濡れたゴルフシューズを放置するとカビ臭くなります。
必ず乾かす様にしましょう。シューズの中には新聞紙などを入れておくと良いでしょう

雨の日のラウンドを快適にするまとめ

雨の日のゴルフを快適にするには、レインウェアやレインキャップはとても心強いアイテムです。もちろん雨の日には中止にするのも良いですが、どうしても雨の日にラウンドしなくては行けない場合もあると思います。この記事を参考にラウンドに向けた準備とラウンド後の処理をしっかりして雨に負けないゴルファーを目指しましょう。

定額制でどこよりもリーズナブルに通えるゴルフスクール【サンクチュアリゴルフ】

おすすめの記事

ゴルフの始め方Naviはこれからゴルフを始めようと考えてる人に役立つ情報をご提供しております。一人でも多くのゴルファーが増えることを願っております。