注目の記事 PICK UP!

ゴルフ初心者さん必見!安心してコースデビューするための5つのSTEP

ゴルフの道具を一式揃え、ある程度ボールも打てるようになったけれど、「一体どこまでできるようになったら、コースデビューしていいの?」と迷う人も多いでしょう。

そんなときの一つの判断基準は「空振りをしなくなる」こと。どのクラブを使ってもボールにきちんと当たるようになったことを確認してからコースデビューに臨みましょう。

まずは、コースで使うクラブを一通り練習しておくことが大切です。

今回は、コースデビューするまでにやっておきたいことを5つのSTEPとしてご紹介。それぞれのクラブの特性も復習しておきましょう。

コースデビューまでの5つのSTEP

1.アイアンの練習

1-1.9番アイアンで基礎を学ぶ

ヘッドに9と書かれているのが9番アイアン。ある程度重さがあるので、クラブをコントロールする感覚を身につけるのに適しているんです。他のクラブに比べてボールを捉えやすいのもメリットの一つ。まずは9番アイアンで正しいスイングを身につけて。

1-2.ボールをより遠くへ飛ばす練習

スイングの基礎を応用しながら左側へボールを飛ばせるように練習を。まずは、9番アイアンで60ヤードまで飛ばせることを目標に練習してみること。なかなか飛距離が伸びないということであれば、初心に返ってスイングの基礎を見直してみることも大切です。

2.ユーティリティの練習

アイアンで基礎を学んだら、アイアン以外のクラブで練習することも必須。実践的なショットの練習は、初心者にも扱いやすいユーティリティからはじめましょう。

使用頻度が高く、飛距離が比較的出やすいユーティリティ。アイアンよりも少し長めで軽いの特徴です。初心者でも使い勝手が良く、使いこなせば良い武器になるんです。ユーティリティのヘッドはボールが上がりやすい構造になっているので、飛ばそうと思って力んだり、強く打つことはせず、少し滑らせてあげるくらいの感覚で打ってみましょう。

ミスショットもしづらいので、ゴルフ初心者の頼れる相棒として活躍してくれるクラブになるはずです。

3.ドライバーの練習

ドライバーは、ボールを遠くまで飛ばしたいときに使用するクラブ。クラブのなかで、もっとも長く、もっともヘッドが大きいものです。

これまで練習してきたアイアンやユーティリティと違って、飛距離を出そうとするとミスショットに繋がりやすいんです。まずは10球打って、8球が前にしっかり飛ぶまでを目標にして練習してみましょう。

4.アプローチショットを学ぶ

アプローチショットに使うことが多いのが、ウェッジと呼ばれるクラブ。短い距離を正確に打つためのクラブで、グリーンにボールをのせたいときに使用します。ウエッジの使い方を極めて、グリーン周辺でのアプローチショットについて学んでおきましょう。

20
ヤード刻みで打ち分けることができるくらいのコントロールショットができれば、コース上でも安心してプレーできるはず。

5.パターの練習

グリーン上にボールがのったら、あとはボールをカップインさせるだけ!そんなボールをカップに入れるためにクラブがパターです。アイアンなどに比べると、練習する機会も少なく苦手意識を持ちがちなパターですが、パッティングはスコアの良し悪しを決める大事な一打。スイングの仕方やクラブの構え方、ボールの位置などは、他のクラブと大きく異なります。 
パターマットで3回連続カップインできるくらいまでには練習しておきましょう。

この5つがマスタできていれば、コースデビューしても安心してプレーができるはずです。練習場に比べると、コースでは傾斜があるので、いつも通りにはいかないということも。コースでスムーズにプレーするためにもしっかり練習したうえで臨みましょう。

ショートコースから始めよう

本格的なゴルフコースは18コースですが、まだスキルに自信がない、コースでのマナーや知識が足りていない気がして不安といった方は、まずはショートコースから始めてみるのがおすすめ。練習場で基礎を学び、ショートコースで慣れたのちに、18ホールのコースデビューをしてみましょう。

ショートコースとは主にパー39ホールという短いコースのこと。本コースの25%くらいの距離なので飛距離が出せなくても楽しめます。とはいえ、ルールやマナーは本コースと一緒。知識に自信がないという方は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてください。ゴルフは他のスポーツと違いルールが多いので、しっかり確認しておきましょう。

本コースデビュー前に、まずはショートコースを活用して、ゴルフの経験を積んでみてくださいね。

さっそくコースデビュー!

コースデューができれば、ゴルフの楽しみももっと広がるはず。これまで練習してきたことをコースで実践してみましょう。
初めてのこととなると、ついつい不安になりがちですが、きちんと事前に準備をしておけば大丈夫!コースデビューを果たして、これから先のゴルフライフもエンジョイしてみてくださいね。

関連記事

  1. ゴルフ初心者レディのグローブの選び方&胸キュングローブ集

  2. 夏でもゴルフを楽しみたい!熱中症を避ける、暑さ対策グッズ8選。

  3. ゴルフの練習でOKな服装とNGな服装はコレ!男女別、季節別のオススメも紹介

  4. ゴルフを始める方必見!「そこそこ」できるまでに必要なお金と時間とは?

  5. 間違ったスイングを矯正できる無料ゴルフアプリおすすめ5選

  6. いよいよラウンドデビュー!ゴルフ初心者が揃えておきたいゴルフセットの選び方と購入方法

  7. 時間とお金をかけずにゴルフ初心者を卒業できる5つの練習ポイント

  8. ゴルフを始めようと思っている人に贈る、『ゴルフの楽しさはこれだ!』

  9. 【チェックリスト付】当日困らないゴルフコースデビューの持ち物とは?夏・冬の必需品も

最近の記事

ピックアップ記事

  1. スマホで簡単!今すぐ使いたい「ゴルフスコア管理」おすすめアプリ5選!
  2. ゴルフ初心者さん必見!安心してコースデビューするための5つのSTEP
  3. これでコースデビューも怖くない!ゴルフの基本ルールと2019年の改正ポイント
  4. 時間とお金をかけずにゴルフ初心者を卒業できる5つの練習ポイント
  5. 間違ったスイングを矯正できる無料ゴルフアプリおすすめ5選
PAGE TOP